加能ガニの魅力

加能カニの美味しさ

「ズワイガニ」は冬に人気のカニですね。
焼いて良し、鍋に入れても良しの万能のカニで、大人から子供まで誰もが大好きな冬の代表的な味覚です。

この「ズワイガニ」は産地により名前が変わっており、特に日本海沿岸で水揚げが多い地域では、それぞれにブランド名が与えられて特徴付けた「ズワイガニ」が人気を集めています。

北陸でよく聞く「加能ガニ(かのうガニ)」もその一つで、石川県の加賀や能登など周辺の一部漁港で水揚げされた「ズワイガニ」のみにその名が付けられています。加賀から能登にかけて水揚げされているカニなので、「加能ガニ」なのですね。

日本海の荒波は水産物をおいしくすることで知られていますが、それはこの「加能ガニ(かのうガニ)」においても同じだといえます。
その身はぎっしりと詰まっておりプリプリとした食感で、甘みが強くしっかりとしたおいしさを感じることができるという特徴があります。

体の特徴としてはサイズは多少小ぶりなものもありますが、荒波に揉まれた分だけ身がしっかりしていますので、カニの旨みが凝縮されているのです。

また、この「加能ガニ(かのうガニ)」のおいしさは魚場の環境だけでなく、漁獲したその日のうちに漁港に日帰りするという特徴がある点で、新鮮さを存分に堪能することができます。

都会では絶対に味わうことができないブランドガニですので、冬のシーズン中は現地でそのおいしさを確かめてみましょう。

このページの先頭へ