京都、丹後地方の稀少かに「間人(タイザ)がに」

間人(たいざ)ガニの美味しさ

カニが産地ごとにブランド名が付けられていることは、メディアでもよく取り上げられていますので、ご存知の方も多いかと思います。

「ズワイガニ(松葉ガニ)」もまた地域ごとに名前があり、その中でも高級品として名高い「間人(たいざ)かに」とよばれるズワイがあります。

この「間人(たいざ)かに」とは、京都の北部にある丹後半島の"間人港(たいざこう)"で水揚げされたズワイのみに与えられる名前で、なかなか見ることができない幻のカニとして人気を集めています。

「ズワイガニ」は日本全国で漁が行なわれていますが、なぜ"間人港"で水揚げされたものは一味違うのか、それは当地の特徴ある漁法にポイントがあるのです。

この"間人港"で行なわれる漁は、沖合いの比較的近い漁場で行われているため、その日のうちに港に帰りせりにかけられるのです。

つまり同じ「ズワイガニ」でも他の地域より早く流通に乗せることができるため、食卓にのぼるまでに鮮度が落ちることが無いという特徴があるのです。

カニの場合、鮮度は何にも勝っておいしさに影響するものです。刺身にしても鍋にしても蒸したり焼いたりしても、他にカニとはまったく異なるおいしさの違いを堪能することができます。

「間人(たいざ)かに」の旬は、漁が行われる11月上旬から3月下旬までとなりますので、そう長くは無い期間となっています。一味違った特徴あるおいしさを堪能したい場合には、その時期を選んで京丹後に訪れましょう。

このページの先頭へ