ボイルと活き蟹どちらを選ぶ

ボイル(ゆで)ガニと活き蟹のちがい

かにを購入するときに、生のかにを選ぶか、ボイルされたかにを選ぶか、食べる目的に合わせて決める人がほとんどだと思います。

活き蟹とボイル(ゆで)蟹との違いは、食べ方によって用途が変わってきますよね。活き蟹の場合には、活きた状態の蟹を捌くのも大変ですが、それだけ新鮮な状態で食べることが出来ます。

生蟹をチルド状態にして販売しているショップもあり、この場合には水揚げからチルド状態になり、手元に届くまでに2日以内なので自然解凍をしてそのまま食べることが出来ますし、かにしゃぶなどにしたり網焼きで楽しむことが出来ます。

茹でてあるボイル蟹の場合には、そのままの状態で届くということはありません。ボイルした蟹を冷凍したあと発送してくれるので、そのまま冷凍庫に入れておけば、1ヶ月ほどは保存することが出来るので、お料理に使いたいときに流水で解凍して使えますね。

また、生蟹はチルドの状態であっても日持ちしません。大抵の場合は届いたその日のうちに食べるという人が多く、食べるタイミングに合わせて注文するようですね。新鮮な蟹を新鮮なままで食べたいのであれば、断然生の蟹でしょう。

食べたいときにいつでも食べられるようにしたいのであれば、ボイル蟹を冷凍してあるものが良いですね。ボイルしてあるので、味噌を食べることも出来ます。ただ、1ヶ月を過ぎてしまうと、味が落ちたり、身がボソボソになってしまったりするので、忘れずに食べるようにしましょう。

美味しいかに通販ランキング

美味しいかにが食べられる!当サイトで人気のかに通販ランキングです!

1位

蟹を食べるなら 【かに本舗】

かに本舗公式HP

かにの産地アラスカに飛び、現地で目利き(社長)が直接買い付け!

たらばがになどは寒い地域の方が美味しいかにが獲れます。

かに本舗では目利きでもある社長が直接かにをアラスカまで買付に行って厳選していますのでかに本舗のかには美味しいと評判です。かに本舗は殻が剥いてあるビードロカットが人気です。

人気度:

蟹を食べるなら 【かに本舗】
2位

かにまみれ

かにまみれ公式HP

訳ありかになし。味と品質の良いものだけ厳選

かにまみれは訳ありかにを売らないというこだわりのお店。美味しく身が詰まったかにだけを売っています。訳なし・高品質のかにだけと言い切っています。

高品質のかにだけを扱うため、徹底した管理体制で厳しくかにの品質をチェックしています。かにまみれの毎年完売の人気商品は四大蟹セットです。

人気度:

かにまみれ
3位

北釧水産

北釧水産公式HP

熟練したかに職人が茹でた茹でがにが絶品!

オンラインショップランキングでは、一位になったこともある北釧水産。取れたてのかにを新鮮なまま配送すると人気です。

北釧水産ではかに職人が大きさや季節、身入りに合わせ塩加減を調節して茹でています。ですから茹でかにが美味しいと評判です。

人気度:

北釧水産

このページの先頭へ