鳥取県・境港産 松葉がに

境港のブランドズワイ「まつばがに」

鳥取県の境港は松葉がにの名産地として、昔から有名です。日本海に面したずわいがにの産地は境港や間人港、越前港もあり、美味しいカニが捕れる海域です。

境港では、たくさん海産物捕れますが、松葉がに(ずわいがに)は人気が高いです。その他にはかに缶詰の原料となる紅ずわいがにという安めの種類も水揚げされます。松葉がにと紅ズワイガニはどちらもズワイガニです。

松葉がにと呼ばれるかにはこの地方でしか水揚げされず、強い潮の流れのために身が引き締まり、普通のズワイガニよりも甘みがあって絶品です。

紅ズワイは茹でる前の状態でも赤いので、その名前になったそうです。

松葉がにはお値段は多少貼りますが、水揚げや加工の際に足が取れたり、ひびや爪が折れたりしたかにを「訳ありカニ」として、安く手に入れることも出来ます。

冬には旬の松葉がにを食べるために、境港までグルメと観光を兼ねた旅行をする人もたくさんいます。

このページの先頭へ