稀少な間人がにの産地

間人漁港のブランドズワイ「間人がに」

京都の丹後地方にある間人(たいざ)漁港は、「間人蟹」と言うブランドがにの産地です。「幻のカニ」と呼ばれ、出回る数も圧倒的に少ないです。

山陰地方で水揚げされる松葉ガニの中でも間人漁港でしか水揚げされません。

間人かにの種類はずわいがにです。「間人がにブランド」はとても厳しい条件の中で漁を行い、少ない漁船での日繰り操業で行います。水揚げされるカニの漁が不安定で少ないので「幻」になってしまうのです。また、真冬の日本海は、シケが多くて漁に出られない日も多いです。

しかし、その鮮度はどのブランドがによりも良く、厳しい流れの海流で味が濃厚で甘みが強く、とても美味しいかにとなります。また身の入りも良いです。

間人港で漁獲される間人ガニは雄のみに付けられる名前で、メスはセコガニ(セイコガニ)と呼ばれていますが、メスも厳しい荒波の中で生きていますので味が良く、内子・外子も楽しむ事が出来大変美味しいです。

あまりにも珍しくメディアで取り上げられる機会も少ないので、間人漁港で捕れるかにの存在はあまり知られていません。

知っている人は現地にかにを食べる目的で旅行する人がたくさんいますし、何度もリピートする人もいるほどファンがいる蟹でもあります。

このページの先頭へ